自己肯定感が低い原因は朝にあり?

目安時間:約 2分

自己肯定感が低い原因は朝に?

忙しくて夜はもうぐったり疲れている、という日常でも、朝の時間は結構使えるもので、今思うと朝のコーヒーブレイク時間(たった15分だったけれど)が、大いに自己肯定感をつくっていたのだと思えます。

いまでは更に朝は家族の誰よりも早起きして、自分だけの静かな時間を確保し、瞑想からスタートをしています。

 

こういう時間が朝一番で確保できるのと、できないのとでは、一日に雲泥の差ができます。

 

精神統一して、気を高められたという思いだけで違うのかもしれませんし、ひょっとしたら何か特別な効果をもたらしているのかもしれません。

精神統一といっても、目を閉じて静かに座っていなくてもよくて、自分の内側に語りかけるように過ごすとか、もっと上に意識を向けられるような何かをするとか(私は信仰を持っているので、手を合せる時間もとりますが)ヨガや音楽・・、なんでも良いと思います。

 

この精神統一、マインドフルネスというのはグーグルやヤフーなど世界のトップ企業などでも行われていたりします。

 

何かしらトラブルに直面することがあったとしても、

「ここから今日がスタート!」と思える朝を過ごることができたら、毎日自己肯定感は高めて続けていられるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク








この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ