自己肯定感を高めて楽しい未来へ

目安時間:約 7分

皆さんは自分のことを愛していますか?好きなとこも嫌いなところも含めて自分のことを認めていますか?

 

自分という人間に感謝することができていますか?

 

人生を楽しく幸せにするための一つの大きな一つの要素として大きな役割を持つものに

 

自己肯定感

 

というものがあります。

 

 

このブログではそんな自己肯定感や、コミュニケーションスキル、コンセプチュアルスキル(創造性)などについてや、将来のお金の問題、リフレッシュのための遊び場などをご紹介しており、少しでも皆さんの将来に役立つことができればと思っています。

 

 

自己肯定感とは幸せな未来を作るための重要な最初のステップになります。

 

この自己肯定感が低いと人生、仕事においても恋愛においてもなかなかうまくいきにくいといわれています。

 

 

自己肯定感とは何か

 

自己肯定感とは英語ではself-esteem。つまり自分を尊敬すること。自尊心。

 

よく自己肯定感が低い、高いで誤解されるのが、自己肯定感が低い=自分のことが嫌い、自己肯定感が高い=自分のことが好きと思われがちなのですが、そうではありません。

自己肯定感が高いということは自分の好きなところ、嫌いなところすべてひっくりめて自分のことを認め肯定することができる能力のことをいいます。

 

「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在だ」と思える心の状態。

自分を肯定している感覚、感情などを指す。

対義語は、「自己否定感」。

幼少期の生活・教育環境によって大きく左右されると考えられており、教育上の重要な要素だと考えられている。

自己肯定感が低いと自信が持てず。他人にどう見られているか気になり、他人の言動に過敏に反応してしまうとされている。

引用:はてなキーワードより

 

 

  • 自分なんかが上手くいくはずない。
  • 自分なんて大した人間じゃない
  • 自分は他の人より劣っている

 

 

こんな風に思っちゃったりしていませんか?

 

あなたがもしこんな風に思ってしまっていたら、

 

それはあなたの責任ではありません。

 

>> 続きを読む

大学の講義は一回いくらなのか 時間とモチベーションについて

目安時間:約 21分

今回はモチベーションと時間に関しての記事を書かしていただこうと思います。

 

 

さて、

 

皆さんは大学の授業をどのようにして受けていますか?または受けていましたか?

 

 

僕は大学時代、とにかく楽しそうな授業ばかりとっていて、あまり深く何を学びたいなどの内容重視ではありませんでした。

 

大学の授業って高校までの授業とは違い、授業に出席しなくとも怒られることはなく、休んだところで気付かれないため、休みやすさは格段に上がります。

 

そのため大学生は「単位だけ取れればいい」

 

ついついそう考えがちになってしまいます。

 

僕自身もそうでした。

 

なのに卒業して社会にでてからはもっと色々学びたいことが一気に出てきます。

 

人間って不思議ですよね。

 

なので最近はちょくちょく大学生のコネクションを使って特別に大学に聴講させていただいたりしてます今日この頃です。

 

皆さんはどうですか?

 

大学の講義って一体いくらなのか計算か知っていますか?

>> 続きを読む

幸せな恋愛には自己肯定感は必須!

目安時間:約 5分

自己肯定感と恋愛の関係

 

大学時代くらいまで僕には恋愛についてあまりポジティブな印象、楽しかった、しあわせだったという記憶がほとんどありません。

 

振られることが多かったですし、好きな人と付き合えても釣った魚にエサをやらない人だったり・・・。

 

そうやって叶わなかった体験をすればするほど自分に自信がなくなって、恋愛に対してどんどん臆病になっていました。

 

そんな中、自己肯定感というワードに出逢ってから、自分に対する見方がかわりました。

 

自己肯定感とは英語ではself-esteem。つまり自分を尊敬すること。自尊心。

 

よく自己肯定感が低い、高いで誤解されるのが、自己肯定感が低い=自分のことが嫌い、自己肯定感が高い=自分のことが好きと思われがちなのですが、そうではありません。

自己肯定感が高いということは自分の好きなところ、嫌いなところすべてひっくりめて自分のことを認めるということです。

 

>> 続きを読む

思考が「愛」なのか「恐怖」なのか

目安時間:約 11分

世の中うまくいくにはどうしたらいいのか。

 

みんな人生良くなりたいって思っていると思います。

 

自分の考えの思考は「愛(喜び)」がベースなのか、「恐怖」がベースなのか。

脳神経科学的に人間が行動物質であるドーパミンを出すのは

 

「ヨロコビ」または「キョウフ」という感情によるもののどちらかと言われています。

 

 

 

ではあなたはどちらのベースの世界を持っていますか?

 

「恐怖」がベースの世界。

 

「愛(喜び)」がベースの世界

 

 

自分が相手に対してやろうとしていること。

 

例えば「彼女を幸せにしなければならない」のか「彼女を幸せにしたい」のか

 

実はこの二つは大きく違います。

 

>> 続きを読む

自己肯定感が低い原因は何か

目安時間:約 4分

自己肯定感が低い原因について

 

・自分と他者の違いを比べてしまう癖

 

・本来の自分よりも高い能力を持った虚像がある

 

この2点だと思います。

 

前者の、他者との違いを比べてしまうということは、自分のことを他者と比べることでしか評価できないからなんです。

 

他者より劣っていると感じて、自分の能力を高めようと努力ができる原動力になるならば、プラス効果になりますが、他者と自分を比べて劣っているところだけに焦点をあてて自分を卑下し、あきらめてしまっては自己肯定感を下げてしまいます。

 

この癖をやめるためには、他者ではなく自分の能力を知ることも大事ですが、

 

自分がただやりたいと思えることをやっていくことで、自然とその能力が上がっていきます。

 

そうすると、やりたいことが自然に身につくからそのことに集中できます。

 

集中しているときには自分が変性意識状態となるため、情報を収集しやすくなるから能力も身に付きやすいです。

 

一つのことを成し遂げられたという結果を身に染みて感じられ、次へのステップアップに進むためのやるべきことがみえてきます。

 

まずは、

 

何かに没頭する

 

といいと思います。

 

後者の自分より高い能力を持った虚像がある、ということも前者と変わりないです。

 

原因は本来の自分とは別に、妄想で作り上げられた虚像があるため、その虚像と自分を比較して、「なぜ妄想で作りあげた虚像と本来の自分はこんなにも異なっているのだろうか?」と絶望感に苛まれることになります。

 

この現象を防ぐには、本来の自分は、妄想で作り上げられた虚像の自分に騙されていると気づくことです。

 

本来の自分と虚像を分離させるために、没頭できることを探してみると自己肯定感が高まりました。

 

是非試してみてください

 

自己肯定感についての関連記事

 

自己肯定感 診断 チャックテスト

 

自己肯定感を下げる日本の働きアリ教育

 

自信を出す方法

 

自己肯定感を高めるために 自分研究

 

幸せな恋愛には自己肯定感は必須

 

自己肯定感が低いのは子供時代の影響が強い 原因と解決

 

自己肯定感が低いといじめっ子になってしまう!?

 

思考が「愛」なのか「恐怖」なのか

 

前向きになれる具体的な方法

 

自己肯定感を高めて楽しい未来へ

 

 

 

自己肯定感が低い人が自信を出す方法。 「みんな愛を求めている」

目安時間:約 12分

あなたは自分自身に自信をもっていますか??

 

自分を愛し、自分に誇りをもって行動できますか?

 

日本人の人は特に自分自身に自信がない人が多いように思えます。

 

それはなぜなのか。

 

 

実は

 

日本の文化に自己肯定感を下げてしまう仕組みが入ってしまっているんです。

 

しかし

 

少しだけ意識的に変えるだけで、これを克服することができるんです。

 

 

自己肯定感を高める 自信の付け方について

>> 続きを読む

自己肯定感を高める方法 自分についてもっと知ってみる。 

目安時間:約 7分

実は皆さんは自分のことを知っているようで案外知らなかったりします。

 

モチベーションを継続的にアップさせるためには自分に内発的動機づけをすることがよいということは前に記事に書きました。

 

内発的動機付けと外発的動機付けについて

 

内発的動機を促進させるためには

 

まず自分を知ることが大切です。

 

>> 続きを読む

内発的動機づけと外発的動機づけ ダニエル・ピンク

目安時間:約 9分

人がなにか物事に対して動く際に、

 

内発的動機づけと外発的動機づけ

 

というものがあります。

 

動機づけというと少しわかりづらいかもしれませんが、つまり「モチベーション」のことです。

 

心理学ではこの「動機付け」という言葉が心理学用語としてつかわれているようなのでこの言葉が使われているようです。

 

動機と動機付けの違いは単に「行動を起こす要因」と「起こす過程」という点で違っています。

 

つまり動機は行動を起こす、あるいは行動を方向付ける要因そのものに対し、動機付けはある要因をきっかけに行動を起こしてそれを持続させる持続させる心理的過程になります。

 

内発的動機付けも外発的動機付けもどちらもメリットとデメリットがあるために状況に応じてそれの使い分けというものがとても重要になってきます。

 

近年は働き方改革などでこれらについても少しずつ研究され、企業でも実践されるようになってきています。

 

例えば内発的動機付けを促進するために

 

グーグルやヤフー、フェイスブックなどの企業ではマインドフルネスなどのトレーニングを企業で取り入れて行っていたりしています。

 

それぞれ内発的動機付けと外発的動機付けの違いとはそもそもどんなものなのか。

>> 続きを読む

気づき×行動×継続こそが成功への道

目安時間:約 8分

これが僕が成功するために必要な成功への道だと考えています。

 

これができるようになればあなたは成功できるといってもいいでしょう。

 

しかし多くの人がこれをできません。

 

言葉にすると簡単ですが、この3つをちゃんとできる人って意外と少ないんです。

 

 

この3つの壁を越えれたとき、あなたは成功者へとなれていることでしょう。

 

では一つずつ見ていきたいと思います。

 

>> 続きを読む

人間関係がいつの間にか良くなるコツ

目安時間:約 6分

この世の中で生きていくには人間関係というものがとても大切になってきます。

 

たくさんの人たちが人間関係でいろいろ困っていたりするんではないでしょうか?

 

人生をワクワクにし、将来への不安へを解決するための問題の一つとして人間関係について考察していこうと思います。

 

 

人間関係

人生において人間関係ってとても大切だと思います。

 

自己肯定感も大切ですが、おいてを肯定することもとても大事です。

 

 

人に頼れること。

 

恐いことかもしれませんが、それができるとやっぱり嬉しいですし、安心しますよね。

 

多くの人がよくしたいと思っている

 

人間関係を自然によくするコツ

これを書きたいと思います。

 

>> 続きを読む

カテゴリー
管理人プロフィール

ぽむぞう

とにかく楽しいことが好きな自由人。

多趣味という性格上、色んな分野を浅く広く見ていく内に世の中の構成について気づく。

ブログ、youtube、株、FX、イベントなど遊び感覚で色々始めていくうちにどんどん収益ができていった。

旅が好きで国内外問わず、地域創生、ボランティアなど地元に密着した旅を好む。2年半かけて全国47都道府県制覇。海外も学生時代にアメリカの大学に1年半留学したほか、バックパッカースタイルで数多くの国々をまわっている。

「なんでも楽しみながらやる。」

これが僕のやり方です。

世の中には人生楽しくない、何事もどうせ無理だと思っている人が多い。

特に日本は世界的にもこんなにも裕福で恵まれているのになぜ?

多くの人は常識という罠に引っかかっているからかもしれない。

ちゃんと気づけば戦える。そして人に頼り、甘えるのではなく、自分で戦えるスキルを見つけてほしいです。

気づき×行動×継続。

自分のことを見つめ直し、自分を認め、前に進んでいくことできっとワクワクした人生に向かっていけると僕は信じています。

このブログで1人でも多くの人が将来の不安を解決し、「新しい世界」に向けての一歩を踏み出してくれたら嬉しいです。

アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ