本物の戦闘機が目の前に! 嘉手納基地 沖縄県

目安時間:約 2分

沖縄の嘉手納基地は迫力満点

沖縄県に嘉手納基地という有名な米軍専用施設があります。
特に平日は多くの戦闘機や輸送機などが離着陸を繰り返しています。
滑走路の端だと特に間近で飛行機を見る事ができますが、
おススメは滑走の北側、道の駅かでなから沖縄市向けに200mほど走ったところに
車を停めるスペースがあります。
ダンプカーやトラックの運転手がよく休憩しているのを見る事ができますが、
ここが一番飛行機を近くで見る事ができますし、車を停められるので本当におススメです。

趣味を同じくしている人が、望遠レンズと無線機を片手に飛行機の写真や動画を撮っています。
現在最新鋭のステルス戦闘機F22が派遣されているので、めちゃめちゃ近くで見れます。
エンジンの排気音が金属的で独特です。

沖縄に来たら、ここでジュースでも飲みながら飛行機見物するのがおススメです。
県道を車が走っている頭上をパイロットの姿がはっきり分かるぐらいの低空で
離着陸する風景を見れるのは日本でここだけではないでしょうか。

 

デートにもおすすめのスポットです。

沖縄の美ら海水族館 デートにおすすめ

目安時間:約 2分

沖縄の美ら海水族館

今回のおすすめのデートスポットは沖縄にある美ら海水族館です。

 

定番になってしまいますが水族館は雰囲気がいいのでデートには外せないスポットです。

 

美ら海水族館はほかの水族館とはスケールが桁違いですので生き物や魚に興味がない人でもきっと楽しめると思います。

 

巨大な水槽でみられるこれまた巨大なジンベイザメの姿はまさに圧巻です!

 

かわいいイルカのショーをみたり、海の生き物と触れ合うこともできるので、ただ水槽越しに魚をみるより深い思い出になりますよ。

 

またふわふわと神秘的に揺れるクラゲのコーナーなども非常に綺麗で女性なら誰でも目を奪われるはずです。

 

とにかく館内が広く見どころ満載ですのであっという間に時間がたってしまいます。

 

時間帯によってさまざまな海の生き物へ餌やりと解説イベントがあったりと飽きることがありません。

 

雨の日のデートにももってこいの場所です。お土産コーナーも充実していてショッピングを楽しみたい人にもとってもおススメですよ!

 

「イダの浜」@西表島 八重山の静かなビーチ 

目安時間:約 2分

今回は沖縄の石垣島の中のとっておきの穴場スポットをご紹介したいと思います。

 

イダの浜 西表島

 

石垣島がメインの八重山諸島の中でも、人が少なくかつ綺麗なbeach。

それが「イダの浜」@西表島です。

イダの浜は石垣島から高速船で西表島に向かいそこから白浜港という船浮集落行きの船に乗り換えて到着する船浮集落近くにあります。

船の便数は一日4往復程度しかないため、なかなか向かうことは難しい場所にあります。

船浮集落には今でも学校がありたいへん静かな場所です。他にあるもの言えば真珠の養殖場や旧日本軍が作ったトンネルがあるだけです。

船でしか辿り着けないため、とても知名度が低い集落です。

その集落から歩いて10分くらいにあるとても綺麗なbeach、それがイダの浜です。

シャワーがなかったような気がします。エメラルドグリーンの綺麗な海が1キロくらい続いています。

ここに行く時の注意として、売店がないことと船の便が少ないことです。

そのため行く場合には西表島で一泊することをオススメします。急いだ島旅では自然や海を楽しめないですから。

 

 

カテゴリー
管理人プロフィール

ぽむぞう

とにかく楽しいことが好きな自由人。

多趣味という性格上、色んな分野を浅く広く見ていく内に世の中の構成について気づく。

ブログ、youtube、株、FX、イベントなど遊び感覚で色々始めていくうちにどんどん収益ができていった。

旅が好きで国内外問わず、地域創生、ボランティアなど地元に密着した旅を好む。2年半かけて全国47都道府県制覇。海外も学生時代にアメリカの大学に1年半留学したほか、バックパッカースタイルで数多くの国々をまわっている。

「なんでも楽しみながらやる。」

これが僕のやり方です。

世の中には人生楽しくない、何事もどうせ無理だと思っている人が多い。

特に日本は世界的にもこんなにも裕福で恵まれているのになぜ?

多くの人は常識という罠に引っかかっているからかもしれない。

ちゃんと気づけば戦える。そして人に頼り、甘えるのではなく、自分で戦えるスキルを見つけてほしいです。

気づき×行動×継続。

自分のことを見つめ直し、自分を認め、前に進んでいくことできっとワクワクした人生に向かっていけると僕は信じています。

このブログで1人でも多くの人が将来の不安を解決し、「新しい世界」に向けての一歩を踏み出してくれたら嬉しいです。

アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ