自己肯定感が低いなら意識して少しずつ上げるしかない

目安時間:約 3分

自己肯定感が低いなら意識して少しずつ上げるしかない

自己肯定感が低い原因は、幼少期の親との関係にあると思います。かと言って、その時の環境や時代の流れもあるので、親が悪いというわけではありませんし、今更それを変えることはできません。ある程度の年齢になってしまった今、自分で自己肯定感を高めるしかありません。
そこで私は、あるカウンセラーの方に聞いた方法を実践しています。まず今週中にこれをしたいという内容をカレンダーに書く。そしてそれが達成できれば取り消し線を引く。それだけです。これをしたいという内容は、簡単な内容の方がいいです。確か週に2個ずつと聞いた気がしますが、1個でも3個でも構いません。行ってみたかった定食屋にお昼を食べに行くとか、本屋で本を買うとか、溜まったペットボトルを捨てるとか、そういう簡単で確実にできそうな目標みたいなものを書きます。簡単な目標なので、よほどのことがない限り達成できないことはありません。ほぼ確実に目標を達成して取り消し線を引くことができます。
始める前はこんなんで自己肯定感が上がるのかと半信半疑でした。でも実際に初めて見るとだんだん楽しくなってきますし、少しステップアップした目標を書いてそれを消せると、なんだ自分ってけっこうできるじゃんという気持ちにさせられます。もちろんそれで自己肯定感が一気に上昇するわけではありませんが、少しずつ、一歩ずつ上がっていくのが感じられますし、自分なんかにできるはずがないという気持ちが薄れていきます。カレンダーとペンと少しの時間さえあればできるので、ダメもとでと思って試してみて欲しいです。

 

 

自己肯定感チェックテスト

 

自己肯定を高めるために 自分を見つめ直してみる

 

 

自己肯定感が低い原因は何か

 

自己肯定感を下げる日本の働きアリ教育

 

自己効力感が低くなってしまうのは子供時代の影響が強い

 

内発的動機付けと外発的動機付けについて

 

 

前向きになれる具体的な方法

 

幸せな恋愛には自己肯定感は必須

 

思考が「愛」なのか「恐怖」なのか

 

自信を出す方法 みんな愛を求めている

 

自己肯定感が低いといじめっ子になってしまう

 

自己肯定感を高めて楽しい未来へ

子宮メソッド 子宮委員長はる 自己否定の塊がとけた方法 口コミ

目安時間:約 4分

 

僕の友達の一人は自己否定の塊だったそうです。

 

彼女の話をしたいと思います。

 

自己肯定をすることはいかなることも責任を自分で負わなければいけません。
自己否定することは自分を守る最大の手段でした。
しかし、自己否定ばかりしていることは苦しいだけだったようです。

 

彼女はその苦しさから逃れたく、少しずつ自己肯定を始めたそうです。
自己肯定するために色々な自己啓発本を読みましたが、中でも一番彼女に合ったのが、子宮委員長はるさんが提唱する

 

【子宮メソッド】

 

だったそうです。

 

 

 

子宮からの声を聞くということは、自分の声を聞くにはとてもてっとり早い方法です。

子宮は目に見えませんが、自分のここにあるということが確認できます。

子宮委員長はるさんのブログを読んだり、ブログを読んだりし、子宮活を始めることにしたそうです。

そうすることで今までは自己否定し謙遜していたこともまずは謙虚という形になったとのことでした。

誰かに褒められたらまずそれを受け取り、自分は褒められるに値した人間だということを自覚します。
惰性や妥協をしない訓練もしたそうです。

買い物に行った時に本当にそれが欲しいのかといったことを自分の子宮に確認します。
子宮が気持ちよく過ごせるように子宮活を行い、子宮の欲を聞いて行動することで、自己否定から抜け出すことができました。
ただし、何十年も自己否定をしてきたので、すぐに自己肯定ができるわけではありません。
そして彼女は今は自己否定はしないけれど、自己肯定を完全にできるわけでなく、なんとなく自己肯定の世界に足を入れたり出したりしているそうです。

ですが、自己否定から抜け出したという体験から、子宮メソッドを続けていくことは、いつしか必ず自己肯定を手に入れることができると思っているそうです。

 

 

自己肯定感チェックテスト

 

自己肯定を高めるために 自分を見つめ直してみる

 

 

自己肯定感が低い原因は何か

 

自己肯定感を下げる日本の働きアリ教育

 

自己効力感が低くなってしまうのは子供時代の影響が強い

 

内発的動機付けと外発的動機付けについて

 

 

前向きになれる具体的な方法

 

幸せな恋愛には自己肯定感は必須

 

思考が「愛」なのか「恐怖」なのか

 

自信を出す方法 みんな愛を求めている

 

自己肯定感が低いといじめっ子になってしまう

 

自己肯定感を高めて楽しい未来へ

自己肯定感とネガティブは幸せの一歩

目安時間:約 3分

自己肯定感とネガティブは幸せの一歩

今の頑張りや失敗してしまったのを自分で認めてあげるのってなかなか難しいですよね。
まだまだ自分は未熟だし、上には上がいるから…と言って否定しがちな人ってたくさんいると思います。
もっと明るくプラス思考になれたらどれだけ良いのだろうと考えてしまうかもしれませんが、そのマイナスってとても大切なポイントなんです。

”自己肯定感”というとまず最初に出てくるイメージというと、ネガティブではダメ、プラス思考で凄く前向きでいなければいけないと思いがちですが、実はそうでもないのです。
ネガティブな思考ができるということは、その逆のパターンを考える力さえつけられれば強みになります。少しずつその癖を付けていけば、自然とプラスに結び付けることができるようになってきます。
例えば自分が転んでケガをしてしまった時、その場にいた手当をしてくれた相手に対して「申し訳ないなぁ、迷惑かけた自分ってなんてダメなんだ…」と思うまではいつも通りで大丈夫です。
そこから”相手に感謝を伝える事”と”今後どうしたらケガをしなくてもいいか”を考えるだけです。
してくれた事に対しての感謝の気持ちを伝え、失敗を経験に変えていく力が身につけば自然と取捨選択ができるようにもなってくるはず。
ネガティブでも良いんだと自分を認めてあげる事で、今までの辛いマイナスのループから抜け出せる一歩に繋がりますよ。

 

・自己肯定感の関連記事

 

自己肯定感チェックテスト

 

自己肯定を高めるために 自分を見つめ直してみる

 

 

自己肯定感が低い原因は何か

 

自己肯定感を下げる日本の働きアリ教育

 

自己効力感が低くなってしまうのは子供時代の影響が強い

 

内発的動機付けと外発的動機付けについて

 

 

前向きになれる具体的な方法

 

幸せな恋愛には自己肯定感は必須

 

思考が「愛」なのか「恐怖」なのか

 

自信を出す方法 みんな愛を求めている

 

自己肯定感が低いといじめっ子になってしまう

 

自己肯定感を高めて楽しい未来へ

将来への不安 マインド編 心の改革 初めの第一歩

目安時間:約 3分

将来への不安の心へのアプローチとしての最初のステップを紹介していきたいと思います。

まず一番大切なこと。

将来の不安に対しての心の整理。つまりマインドセットです。

この部分は人生何をやるにあたってもとても重要な部分になってきます。

一つとても有名な例を挙げてみたいと思います。

コップに水が半分入っています。

あなたはこれを見てどう思いますか?

1、コップに水が半分しかはいっていない。

2、コップに水が半分も入っている。

全く同じ状態なのに、人によってポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるか意見が変わってきます。

ここに着目点があります。

ハーバード大学の心理学者ウィリアム・ジェイムズの言葉にこんなのがあります。

 

「人類史上最大の発見は、人間は自分の心の持ち方を変えることで人生を変えることができるということだ。」

よく自分はポジティブ思考だ、自分はネガティブ思考だ。

それは体内にあるセロトニンという神経伝達物質が大きく関係しています。

自分はネガティブ思考だから無理だと諦めてしまっている方も多いかもしれませんが、実はセロトニンの量を増やすことは可能でネガティブ思考ポジティブ思考に改善できることが科学的にも証明されているんです。

セロトニンは神経伝達物質であり、以下のことに関与しています。 
・ 気分
・ 睡眠
・ 食欲と消化
・記憶
・ 性欲と性的機能

 

 

どうです?当てはまったりしませんか?



そしてセロトニンの増やし方としては

 

・運動

・思考

・光

・食品

などがあります。

今後こちらの将来の不安 マインド編では具体的な心の改革の仕方、考え方を書いていきます。

このマインドセットさえできるようになれば、あなたの人生のさまざまなことについての捉え方が大きく変わってくれることでしょう。

1 4 5 6
カテゴリー
管理人プロフィール

ぽむぞう

とにかく楽しいことが好きな自由人。

多趣味という性格上、色んな分野を浅く広く見ていく内に世の中の構成について気づく。

ブログ、youtube、株、FX、イベントなど遊び感覚で色々始めていくうちにどんどん収益ができていった。

旅が好きで国内外問わず、地域創生、ボランティアなど地元に密着した旅を好む。2年半かけて全国47都道府県制覇。海外も学生時代にアメリカの大学に1年半留学したほか、バックパッカースタイルで数多くの国々をまわっている。

「なんでも楽しみながらやる。」

これが僕のやり方です。

世の中には人生楽しくない、何事もどうせ無理だと思っている人が多い。

特に日本は世界的にもこんなにも裕福で恵まれているのになぜ?

多くの人は常識という罠に引っかかっているからかもしれない。

ちゃんと気づけば戦える。そして人に頼り、甘えるのではなく、自分で戦えるスキルを見つけてほしいです。

気づき×行動×継続。

自分のことを見つめ直し、自分を認め、前に進んでいくことできっとワクワクした人生に向かっていけると僕は信じています。

このブログで1人でも多くの人が将来の不安を解決し、「新しい世界」に向けての一歩を踏み出してくれたら嬉しいです。

アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ