子供の自己肯定感を高める方法

目安時間:約 3分

自己肯定感の低い子供の自己肯定感を高めるには

人間は子供の時の環境影響を大きく受け、大人になってもその影響がでてきてしまいます。

 

そのため、子供のうちからそれぞれがしっかり自己肯定感が持てるよう考えていく必要があります。

 

では一体子供達の自己肯定感はどうように上げていけばようのでしょうか?

 

 

子供の自己肯定感が高いとなぜよい?

子供の自己肯定感が高いと、

 

相手に対して感謝できる、

 

褒められれば素直に喜び、

 

間違えてしまった場合は自分のミスを素直に認めその改善策を考えて自分を高める人間に育ちます。

 

コミュニケーション能力が高く、人間社会において必要とされる大切な人材になると思います。

 

子供の自己肯定感を高める方法

 

そのような子供に育つには、

 

幼い頃からたくさん会話をして良いことをしたら褒めて、

 

間違っていれば叱ったり注意することが大切だと思います。

 

親が子供を認める機会が多く、子供が自分で考え悩み決断する機会や挑戦する機会が多く、親子の会話が多い子供は自己肯定感が高くなります。

 

つまり親の心がけ次第なのだと思います。

 

親が子供に対して、

 

何でこんな簡単なことが出来ないの?

 

何でこんなことを間違うの?

 

こんな簡単なことで満足してるの?

 

他の子はもっと努力してるのに、あなたは全く努力していない!

 

今忙しいから話しかけないで!

 

あなたの相手をするほど暇じゃない!

 

など子供とのコミュニケーションが取れていないと自己否定感が生まれてしまい、自分のことを認められない人間に育ってしまいます。

 

家事や育児で忙しくて余裕がないと、子供に当たってしまう親はたくさんいると思います。

 

大切な我が子が大人になったとき、社会で生きやすい大人に成長するために親子のコミュニケーションを大切にして、自己肯定感の高い人間に育てるのも大切なのだと思います。

 

 

スポンサードリンク








この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ