子どもの自己肯定感を高める関わりとは

目安時間:約 3分

スポンサードリンク




自己肯定感を低いから高いへ 子供へのかかわり方について

進学校に通う生徒に自己肯定感の低い生徒が多いといいます。

 

それはなぜでしょうか?

 

それは比較というものが強調されてしまうからです。

 

まわりの友だちが優秀だからこそ、自分を相対的に見て自己肯定感が低くなってしまいやすくなってしまうのです。

 

とてももったいないことです。

 

自己肯定感は相対的なものではなく、自分の中にある絶対的なものであると思います。

 

幼いころから自己肯定感を高めておけば、成長してからも「なんとかなるか」と思えるキャパの広い思考を持てるのではないかと考えます。

では、自己肯定感を高める方法とは何か。

 

それは保護者との関係に鍵があると考えています。

 

子どもが何かをするとき、しようとしたとき、「していいこと」か「してはいけないこと」かを判断するとき、必ず失敗をして学びます。服を汚した、怪我をした、友だちを泣かせた、自分が悲しくなったなどです。

 

このような子どもの失敗を見つけたとき、怒るのではなく、失敗を次に繋げられるようサポートしてあげることです。

 

失敗してもいい、今度はこうしてみようと思えるように声をかけることです。

 

信頼する親などに自分の失敗を認めてもらうこと、失敗をプラスに向けることによって、「失敗する自分」がマイナスではなく、プラスに傾き、自己肯定感につながると考えます。

 

その他関連記事

 

自己肯定感チェックテスト

 

自己肯定を高めるために 自分を見つめ直してみる

 

 

自己肯定感が低い原因は何か

 

自己肯定感を下げる日本の働きアリ教育

 

自己効力感が低くなってしまうのは子供時代の影響が強い

 

内発的動機付けと外発的動機付けについて

 

 

前向きになれる具体的な方法

 

幸せな恋愛には自己肯定感は必須

 

思考が「愛」なのか「恐怖」なのか

 

自信を出す方法 みんな愛を求めている

 

自己肯定感が低いといじめっ子になってしまう

 

自己肯定感を高めて楽しい未来へ

スポンサードリンク



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク




ページの先頭へ