「日本人うけ?」「外国人うけ?」 自己肯定感

目安時間:約 2分

スポンサードリンク




国際化においての自己肯定感

 

国際化が進む日本、自己肯定感については、いろいろな意見が飛び交い、
「人目を見ていると、どうしてもいまの国際社会では、大人として信用してもらえない」
という若い世代もいれば、
「ここは日本だ!」という40代以上の保守的な世代もいます。

また、いまの30代くらいだと、たいていはその両者の文化のはざまにいるので、
それなりに葛藤がある人もいるというのを利いたことがあります。

たしかに、ここは日本なのですが、
日本に来る、あるいは住む外国人は、
国際結婚希望者が流行る中、減少することはありません。

「自己肯定感は日本人うけしない?まさか。”鎖国”じゃあるまいし。」
といったスーパーの店長さえ、その辺で見たことがある始末です。

そうです、日本国内に流通する品物の多くは、
結局のところ海外から入ったものが多く、
海外の価値観の影響を嫌うのは、
現代には商業的な目で見ても無理があるのです。

しかも日本人の人口は、中国やインドに比べると、
かなり少数なので、
世界で変わったルールだなあと思われがちなのは、当然日本人だったりします。

それでも、
日本の文化を廃れさせてよいのか…
それとも、もともとインドや中国からの文化の輸入でやってきたのに、
「人目を見ていると、どうしてもいまの国際社会では、大人として信用してもらえない」
も、同じように輸入すべきか。

いま、個々の日本人は、歴史の中で、重要な岐路に立たされていると、
いわざるをえません。

「日本人うけ?」「外国人うけ?」

その問いさえ、ハーフが増えるいま、

死語になってしまう時代も、もうすぐそこまで来ているのです。

スポンサードリンク



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク




ページの先頭へ