キャッチコピーのテクニックについて 

目安時間:約 6分

スポンサードリンク




今回はキャッチコピーのテクニックについてご紹介したいと思います。

 

 

さて、キャッチコピーってそもそもなんでしょうか?

 

キャッチコピー、キャッチフレーズとは、主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章である。 惹句とも呼ばれる。

引用:Wikipedia

 

 

そうです。よく宣伝とかに使うやつですよね。

 

 

キャッチ

 

つまり、相手の心をつかむということです。

 

 

テレビCMや広告なんかはやっぱりすごくうまいですよね。

スポンサードリンク




 

やっぱりキャッチコピーで自分自身も言葉で相手の心をつかめるくらいのことが言えるようになれればいいですよね。

 

ただいざ自分でキャッチコピーを考えようとすると、なかなかいいアイデアでてきません。

 

では一体どうやったらカッコいいキャッチコピーを作れるようになるんでしょうか。

 

考えてみたいと思います。

 

 

キャッチコピーがうまく作れるようになったら自己紹介なんかでもうまく使えると自分の印象をしっかり相手に残すことができます。

 

実はいくつかのポイントを押さえるだけでキャッチコピーはグッとユーザーの心に刺さりやすくなります。

 

 

意外とみなさん細かく分析したりしていないので、是非今回は一度考えてみましょう。

 

 

 

 

キャッチコピーで重要なこと

 

ターゲット、ペルソナをしっかり決める

キャッチコピーを作る際に、まず考えなければいけないのが誰に伝えるかです。

 

誰からも好かれるキャッチコピーを作ろうとすると、結局は誰の心にも届かないものです。

 

しっかり伝える相手がどんな人なのか明確に、そして「悩みを明示すること」と「緊急の問題に応える」です。

 

例 整理整頓ができない(悩み)あなたも一日で整理上手に(緊急の問題に応える)

 

 

短く、印象的に

 

長々とした文章だと、相手が覚えられません。相手に覚えてもらえるようなシンプル、かつインパクトのあるものを。

 

シンプルに自分の伝えたい核のようなものが伝えられるといいです。

 

キャッチだけですべてを伝えてはいけない

 

ついついキャッチにすべての内容を入れてしまいたくなってしますのですが、それでは人は続きを読んでくれなくなります。

本文、続きが気になるように興味をもってもらう必要があります。

 

メリットではなくベネフィットを

商品の特徴を伝えるのではなく、その商品を得たことによってその人がどう変われるのかを伝えた方が相手に響きやすいです。

 

具体的なキャッチコピーテクニック

 

希少性アピール

 

例 「20歳の誕生日は一生に一回だけ」 ←自由に作ってみる

 

不安を煽る

 

プロスペクト理論というもののに、

人間は「新たな利益を得る」ために行動するよりも、「現在の損失を回避する」ための行動をとる傾向があります。

 

例 「口臭は自分じゃわからない」

 

ターゲットを極限まで絞ってみる

 

数字をいれてみる

キャッチコピーに数字を入れることで、具体性がアップします。

その結果、ユーザーが明確なイメージをもてるようになります。

 

ギャップを作る

 

ストーリーにしてみる

 

 

キャッチコピーを作る際は、文字数を決めてしまったりするのも、余計なことを伝えなくてよいのでいいかもしれません。

 

 

この商品でなければならない理由とは!?

 

 

コピーライティングが書けるようになるには

 

コピーライターの人たちは質よりとにかく量を書きまくるそうです。

 

そしてその中からようやく一つを作る。

 

よいコピーライティングができるようになるまではひたすら色んなキャッチフレーズのアイディアを考え続ける。

 

これが大事みたいです。

 

是非みなさんも一度なにか自分のキャッチフレーズでも考えてみませんか?

スポンサードリンク



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク




ページの先頭へ