目標とする年収をいくらに設定するか

目安時間:約 5分

今の社会、特別な生き方をしていない限りはやはりある程度

 

お金

 

が必要になってきます。

 

お金は目的ではなく、手段ではありますが、やはり幸せな生活の確立のための一つの大きな要素となっています。

 

お金と幸福について日本の年収と幸福度に対してこういうデータがあります。

 

年収と幸福度の相関性について

 

 

 

このようにある程度の年収までは年収と幸福度に対しての相関関係があるということがわかります。

 

アメリカのプリンストン大学でも同じような研究は行われており、同じような結果が出ています。

 

一般的には700万以上収入があったとしてもそれ以上はあまり幸福度は上がらないとのことでした。

 

スポンサードリンク








 

つまり幸福に関していえば目指すべき年収は700万といってもいいかもしれません。

 

 

ちなみに幸福度に関してはこのようなデータは出ていますが、生活満足度に関しては

 

年収が増えれば増えるだけ生活満足度も上がるというデータもでています。

 

 

 

さて、では次に他のデータを

 

今のは色んなタイプの人を対象にした結果でしたが、実際はそれぞれ家族構成なんかも違います。

 

1人暮らしと大家族では全然環境が違います。

 

次は

 

家族別に目標とすべき年収

 

を出したいと思います。

 

 

 

基本的に中流(並み)の生活を送るために必要と言われているお金が

 

300万+100万×自分以外の家族数

 

と言われています。

 

 

つまり

 

あなた一人なら300万円

 

夫婦なら400万円

 

子供一人なら500万円

 

が中流の生活をするのに必要なお金の目安と言われています。

 

 

では裕福な生活にはどれくらい必要か。

 

 

それぞれ出したいと思います。

 

 

目標となる年収の目安

 

パターン別

 

1、超上流階級、すごく裕福

 

1人の場合

 

年収1200万円

 

嫁1人、子供1人の場合

 

年収2000万円

 

2、上流階級、結構裕福

 

1人の場合

 

年収600万円

 

嫁1人、子供1人の場合

 

年収1000万円

 

3、中流階級、並みの生活

 

1人の場合

 

年収300万円

 

嫁1人、子供1人の場合

 

年収500万円

 

 

4、絶対必要、ぎりぎり最低限の生活

 

1人の場合

 

年収150万円

 

嫁1人、子供1人の場合

 

年収250万円

 

 

 

こういうデータがでています。

 

 

是非どれぐらいの生活を目指したいか、どんな生活にはどれくらいの年収が必要なのかを考え、目標を決める際に参考にしてみてください。

 

 

スポンサードリンク








この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ