一番リターンの高い投資

目安時間:約 10分

前回はお金を使う場合はできるだけ投資にお金を使いましょうという話をしました。

 

詳しくは前回の記事

 

投資 消費 浪費 人生で差をつけるお金の使い方

 

で見てみてください。

 

さて、では投資と言っても具体的にはどういうものに一番使うと効率が良いのか・・・・。

 

それは

 

自分自身に投資する

 

つまり

 

自己投資

 

これが一番効率が良いといわれています。

 

自己投資とは自分を高めたり磨き上げるためにする投資のことを言います。

 

資格を取ってスキルアップしたり、または美容やファッションにお金を掛けたりすることです。

 

 

しかし、自己投資といってもお金だけを使うという事だけではありません。

 

自分の持っている資本「お金、時間、体力、思考」などを、

財産を増やす可能性のあるものに使うことをすべて自己投資と言えます。

 

 

なぜそれが重要なのか。

 

単純な事実として忘れないで欲しいことは僕たちにとって

唯一絶対“限られているもの”といえば、それは時間になります。

 

つまり

 

限られた時間の中で効率よく(スピーディに)成功するためには
必要に応じて投資し、できる限り近道をしていくことがとても大切になります。

 

また頭を使って稼ぐには、頭脳に投資する必要があるんです。

 

自分が学んだスキルっていうのはなかなか他に比べてなくなりにくく、

 

スキルはお金を稼ぐ技術になります。

 

自分で稼げる技術を持つ

 

これができるようになれば、今後何があっても対応できるようになります。

 

今までの歴史をみるなかでも成功者の方たちはこの自己投資をとても大切にしています。

 

「英語を勉強しよう!」「スキルアップが大切!」「仕事術を学べ!」

 

本屋でも自己投資をしなさいみたいなことが山ほど書かれてあると思います。

 

書店で本を読んだりしてみるのもとてもいいかもしれません。

 

本には色んな先人たちの知恵が山ほど入っていて、

 

それをまとめてくれているので効率よく、彼らが人生かけて学んだようなことを教えてもらうことができます。

 

また時間に余裕がない人は本屋にいって本のタイトルをいろいろ見るだけでもすごく面白いかもしれません。

 

 

 

しかし自己投資といっても世の中にはいろんなものがあります。

 

自己投資にはお金がかかるのでなんでもかんでも「自己投資だから」とお金を使ってたら

 

あっと言う間に大事なお金が底をついてしまいます。

 

では一体成功者の人たちはどのようなことに自己投資しているのでしょうか。

 

自己投資の中で有名なものをあげてみますと

 

先ほど出しました

 

・書籍

 

他にも

・学習教材(CD・DVD)
・セミナー・勉強会
・資格学校
・英会話
・ビジネススクール

 

などがでてきますが、全体的な傾向として、

 

これらのうち

 

上3つの書籍、学習教材、セミナー・勉強会については、30代年収3000万円実現者たちは一般の方たちより、並外れた自己投資をしています

 

たとえば、書籍を例にすると

 

全国の20代・30代のビジネスパーソンが過去1年間で読んだビジネス書の平均が3.1冊程度なのに対し、

 

30代年収3000万円実現者への調査結果では平均読書量は月に平均9.88冊。

 

1年間で118.6冊。読書量だけで、大きな差が見られるんです。

 

 

いやいや、でもいろんなものが多すぎて手につかない。

 

どれから手を出せばいいかわからない。

 

って人も多いかもしれません。

 

一つ決める目安として考えてほしいのが

 

・欲しいかどうか

 

ではなくて

 

・必要かどうか

 

を、あなたの今の現状を踏まえてよく考えてみると良いですよ。

 

役に立ちそうとか、良さそうとかじゃなくて

 

「今必要かどうか」

 

ここがすごく大切になってきます。

 

しかし、成功者の方があまりやらない自己投資もあるようです。

 

成功者の方たちがやらない自己投資とは

 

先ほど書いたなかの内の

 

資格学校、英会話、ビジネススクール

 

この3つに関しては実はほとんどお金をかけていないんです。

 

それはなぜか。。。

 

その理由として

 

目的意識をはっきりさせている

 

からになります。

 

ちゃんと自分の成功の為のビジョンが描けているか。

 

自分は何で成功したいのか。

 

そして成功を成し遂げるために何が優先順位が高いのか。

 

 

スティーブン・R・コヴィー博士の有名なバケツの例はご存じですか?

 

「バケツの石入れ」

 

1週間の時間をバケツに、出来事や行動、予定を石に例え、その石の大きさはその予定の重要度を表します。

 

それにかかる時間を石の大きさとして考えてみてください。

さて、ではあなたは様々な石をどのようにバケツに入れますか?

 

手元にバケツがあると想定しましょう。

 

1週間という期間の中に、あなたには実に様々なこまかい予定や出来事があります。

 

バケツの中に、そうしたこまかな予定、つまり小さな石か砂を先に入れてしまうと、すぐに半分ぐらい埋まってしまいます。

そうすると、あなたにとっての重要で大切なこと、「人間関係作り」「自己啓発」「健康な身体作り」「子どもとの時間」「将来の計画」といったようなこと、つまり大きな石が入るスペースがなくなってしまいます。

そして、あなたにとって重要なことが、また先送りされてしまうということになってしまいます。

ではどのようにしたら、たくさんの大きな石を入れることが出来るでしょうか?

 

大きな石を先にバケツに入れ、小さな石や砂を後から入れればいいのです。

 

是非自己投資にかかるその石の大きさをしっかり考え、

 

あなたの優先のあるものから順に自己投資をするようにしてみてください。

 

ビジネスにおいて有名な考え方として

 

「選択と集中」

 

ってのもあります。

 

「自分がどういう方向のことをやっていくのか、自分が何がやりたいのか。そこが重要で、その方向に絞って、全部の時間を投入していくことが大切です

 

つまり、自分にとって正しい目的での自己投資は有益で成功につながるが、

 

とりあえずいろいろ試してみるとか、目的意識のない、自分にとって正しくない目的での自己投資をしていては、

 

ゴールに向かっての方向性がうまく定まらず、

 

結局はほとんど意味がないことになってしまうんです。

 

是非ちゃんと方向性を決めて選択と集中で自己投資にも進んでいけるように心がけてみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク








この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ