世界の珍しい面白い料理 特集その1  マレーシアのナシレマ 台湾の大腸包小腸 チベットのおもてなしバター茶etc

目安時間:約 4分

スポンサードリンク




さて、世界には日本にないような面白い料理がたくさんあります。

 

日本にはないそんな珍しいグルメをいくつかご紹介いきたいと思います。

 

マレーシアのナシレマ

マレーシアの軽食や朝食として食べられているナシレマがおすすめ

 

バナナの葉にご飯とサンバルと呼ばれる辛い調味料、豆を炒った物や鳥の唐揚げ、キュウリなどを包んだ料理で手軽に食べられるように屋台などで販売されています。

 

屋台によって包んでいる内容やサンバルの味も違うので、食べ比べるのも面白かったです。

 

ただし、サンバルはかなり辛いので、食べる時には飲み物も準備することです。

 

最近では、旅行誌やテレビでも取り上げられ、販売しているお店が増えていますが、個人的には屋台など昔ながらのお店で購入した方が、現地ならではの味を味わえます。

 

大腸包小腸

名前から面白い台湾の名物料理

士林夜市という、台湾でも最も有名な夜市で大腸包小腸を食べました。

 

すごくインパクトのある名前ですよね。パッと見た感じはホットドッグのように見えるのですが、乗せられたウインナーだけではなく、パンの部分も腸詰めなんです。

 

もち米の腸詰めの上に、野菜と普通の腸詰めを乗せているという感じ。日本で食べる物よりも甘みがあり、人を選びますが個人的にはすごく美味しいと思います。

 

ピリ辛野菜と腸詰めの相性も良いですし、台湾旅行の際には絶対に食べて頂きたいメニューです。

 

豚の血で作った餅料理

以前、台湾へ旅行へ行った時、台湾人の友人に連れられて鍋が食べられる鍋料理のレストランへ行きました。

 

そこは、好きな具材を自分で選んで鍋で煮て食べると言うバイキング形式でした。

 

具材は、台湾人の友人にまかせ、私は、ひたすら食べていました。

 

中盤に差し掛かったころ、なにやら鍋の底に見たこともない具材を発見。ぷにぷにして、豆腐のような感じです。

 

これは、台湾式豆腐かと何も考えずに一口食べたところ、なんとも言えない、レバーの味が口の中に広がりました。

 

聞けば、豚の血を固めたものらしく、台湾では人気がある食べ物のようでした。

 

夜市でも、人気があり、夜市では、甘いたれがかかっていますが、それでも、レバーが嫌いな人には食べられないかもしれません。

 

チベットのおもてなしバター茶

バター茶はチベット地域を旅したことがある人ならば、一度は振る舞われた経験があると思います。

 

バター茶は、ヤクの乳脂肪から作られているそうですが、まさにバターをお湯で割ったような味がします。

 

そう言うと割と美味しそうに感じるかもしれませんが、実際に飲んでみると飲み慣れない外国人にはなかなか厳しい味です。

 

もしバター茶を頂いて飲みきるのに窮したら、できるだけお茶とは思わずにスープと思って飲むのがコツかもしれません。

 

スポンサードリンク



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

スポンサードリンク




ページの先頭へ